Home

伊豆の国市M様邸

設計者から

現状の木製フェンスが傾いていて、危険な状態だったのですが
通り沿いの為、ただ撤去しただけでは往来の人や車から家の中が見通せてしまう・・・・

庭の安全性確保と単なる柵ではなく
目隠しも出来るような設計でのご提案をさせて頂きました。

施工前


ウッドフェンスでの
目隠しをされているのですが
如何せん危ないです。

別アングルから

上の画像の坂を下りた方向から

プランパース

LIXILさんの「プラスG」
ブロック上に「サニーブリーズフェンス」
以上での設計です。
どちらの製品も半透明で目隠ししつつ
採光を妨げないパネルです。
サニーブリーズの方は
通風も確保します。

施工後


完成!
光は通してしっかり目隠ししてくれます。
外観の見映えもUP!

別のアングルから。
こちらはほとんど窓がない入り隅
高さをやや下げてフェンス施工

別の角度から全体的に。
外周りをしっかりと施工する事で
家全体の外観が向上します。

内側から。

こういうケースの場合殆どの方が
「狭くなるのでは?」という印象を
抱きがちですが、実際やってみると
外のスペースをそっくり使えるので
広く感じられる事が多いです
←敷地角へ植栽を施しました。

このページのトップへ

※お願い 当HPに掲載されている図面、デザイン、テキスト、イラスト、写真等を無断で複製、送信、放送、
配布、貸与、変造することは固くお断りいたします。