静岡県東部地区・三島・エクステリア・造園・設計・施工・植木・苗木・草花・盆栽・販売・貸鉢は加々見園にお任せ下さい。
加々見園
HOMEHOME加々見園会社案内会社案内加々見園会社地図お店の地図加々見園お見積もり方法お見積もり方法変更履歴変更履歴リンク紹介リンク 加々見園へのお問合せお問合せ
  Uさんちのお庭が出来るまで
  カタログ掲載現場の紹介
  お見積もりについて
  加々見園が手がけたお庭(洋)
  加々見園が手がけたお庭(和)
  筍観察絵日記
  今月の加々見園情報
  コンテスト入賞作品のご紹介
  野菜を作る!!(2004)
  パソコントラブル
  HP担当者の小部屋
アイアンクラフト
リンク
 

加々見園
〒411-0022
静岡県三島市川原ヶ谷山田930-1
TEL:055-976-1291
FAX:055-976-1298
 

ハードディスクドライブ(HDD)交換の巻

※ご注意 この先パソコン本体を開けて装備品の交換等の作業を
ご紹介しますが、同様の作業をされる方は悪までも
「ご自身の責任」に於いて行ってください。
当ページを参照に作業された場合の如何なるトラブルも責任を負いかねますのでご了承下さい。
・・・・・・・悪しからずお願い致しますm(_ _)m


9月の或る日の事・・・・・・・・・・。
いつもの様にパソコンを立ち上げて、迫り来る図面と格闘していた(笑)

この日はたまたま和風の庭の図面を仕上げていたのだが、
和風の庭というものをCADで描いていると、
どうしても庭石や植木といったデータが重い・・・・・・(- -;
2Dから3Dに画面を切り替える時などはかなりの読み込み時間を強いられる、
しかもこの日はその作業をする度に?
エラーが出てしまったりと、かなりお手上げ状態だった。。。。(泣)

そうこうしているうちに、パソコンに異変が起きている事に気が付いた。。。。
「おかしい・・・・・・・さっきから読み込もうとしているのに、ファイルが全然開かない(- -#ハードディスクのランプは
つきっぱなしでチカチカ点滅してない・・・・・。」

もしかして、回転してない?!(汗)それか、極度に回転速度が落ちている??

「う〜ん?・・・・・・」

いずれにしても、これはかなりマズイ展開じゃない?!(滝汗)
もしかして?・・・・・・・・・・HDD交換?!

・・・・・・ぅ、うわぁ〜。。。。。考えたくねー(><)でも、大事なデータてんこ盛りのHDDが逝ってしまってからでは遅いし。。。。
図面からHPから何から大事なデータが消滅してしまっては
この先仕事にならなくなってしまう。。。。。

「仕方ない・・・・・・・・」

「こうなった上は・・・・やりましょう!!」

と、言う訳でパソコンのハードディスクを交換する事になりました〜!!(^^;

そして、もちろん!!
その模様を皆さんに報告する事は言うまでもありません(笑)

※補足。。。。「はーどでぃすくて何?!」
ご存知かと思いますが、一応(^^;
ハードディスクはパソコン内のデータを記憶(格納)するディスクです(CDみたいな)
OS(ウインドウズorマック)もインターネットのお気に入りもデジカメで撮った画像もぜ〜んぶここに記憶されます。
これがイカレルと、いままで蓄積されてきたパソコン内のデータが
全てオシャカになります(怖。。。)


「データの一時保管」(バックアップ)
先ずはこれからやっておきましょう。

さて、HDDを交換する前に・・・・・・。今のHDDに入っているデータを
保管しておきましょう。
と、言ってもウン10GBからあるデータをMOやCD-Rに
コピーしていたのでは日が暮れてしまいますし、
莫大なメディアの量になってしまいます。

そこで・・・・・
加々見園では、LANで一応?(笑)ネットワークを構築??しているので
ネットワーク経由で一旦他のパソコンにデータをコピーしておきます。

では、早速作業開始!!
え〜っと・・・・・。「どこのドライブにコピーしてよいですか?」

「Dドライブでいいよ^^」

「ラジャー!!!」
こっちのパソコンのえ〜っと。。。。?Cドライブは主に
ウインドウズやプログラム(アプリケーション?)で構成されていて
新しくインストールし直さなければいけないので、コピーも必要ないでしょ??
ただ、インターネットからダウンロードした修正ファイルや
各種ドライバーソフトなどは、コピーしておいた方が無難ですね(^^;
そうしないと、また新たに取りに行かなければならず、結構面倒くさいです。。。。

こっちのパソコンのDドライブを開いて・・・・・・・・・・・・・・。
「編集」→「すべて選択」→そのままドラッグして「コピー」・・・・・えいっ♪!!(笑)

コピーしています・・・・・・・・・・・・・
残り時間。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2時間○○分・・・・・・

えぇ?!!!そんなにかかるの?!って、さすがに10何GBあれば仕方ないか。。。。。。

「でゎ☆コピーしているあいだにHDD買ってきますので、宜しくです!!」


「HDD(ハードディスクドライブ)購入」

当初は某パソコンショップにお願いしようか?という案もあったのですが、
電話で問い合わせてみたところ、
どうしてもパソコン本体を最低でも1日は預けなくてはならないらしく、
それでは困ってしまうので。。。

仕方なく?!・・・・・・・・・・パソコンショップにレッツゴー!!(笑)
↑全然乗り気(爆)

お店に行ってみると、本体内蔵型のHDDって意外と種類が少ないんですね。。
店員さんに恐る恐る聞いてみる・・・・・・

「あの〜、HDD交換したいんですけど、どれを選べば良いのでしょうか?」

(なんだ、こいつぁ〜?!んな事もわかんねーのかよ?的な眼つきで)
店員(以下「店」) 「お使いのパソコンはなんでしょうかね〜?」

私 「え〜と、××さんの○○の△△て機種です。。。。」

店 「それでしたら、PC/AT互換機←(一般的なパソコンは殆どこれです)
に対応してるかどうか。
それと、ウィンドウズorマック?? そして、使っているOSに対応
してあると
書いてあるものでしたら、
基本的にどれでもおっけーです。」

だそうです・・・・・・・知らなかった(汗)
そうなんだ?!(笑)ハードディスクてそんな簡単?!なものだったんだ??(爆)

私 「じゃ〜、後は容量で選べば良いですか?」

店 「です・・・・・。」

なるほろ〜(^^)また一つ勉強になりました!!店員さんありがとー!!!

さて、どれにしようかな??
「今のハードは60GBなので、同等の容量は・・・・と、
このお値段。。。フムA、んで?欲を張って120GBだと?
え?!やっぱり高いなぁ〜・・・・・・・。それに、今の2倍の容量にしたとすると。。。。。
例えば、ハードディスク内をすべてウイルスチェックしたりとか?
「デフラグ」←パソコンの中の最適化という奴。。。。
などをする時には、いくら回転数が上がっていても、要するに今までの2倍の容量をスキャンするのかぁ??」


「・・・・・・・・・・・・・それはイヤだ(- -#」(笑)
何故かって?・・・・・時間かかるもん(笑)

「そして?じゃ〜80GBだと?・・・・・・・お?!今と同じ60GBよりプラス¥1000☆
これがいい!!(^^)これに決〜めた♪ そそくさとレジに行って、これ下さい(^^)」

「¥○○になりま〜す」

お店を後にして会社に戻り。。。。。。「買ってきた(^^)v」

「じゃじゃーん!!!(笑)おニューのはーどでぃすくはコレで〜す!!」



「何か良さ気だからこれにした♪(笑)」
チョット分かり辛いですけど右上に書いてある・・・
「流体軸受けドライブ」なるものを採用している・・・・らしく。
いいらしい(笑)あまり良く分からないんですけど、
[流体の方が抵抗?や摩擦が少ない??=静音、トラブリにくい?]
みたいです(^^;

「うぉお!!すげー!!いいなぁ、新しいハード」

「・・・・・・・・・って何がいいですか?!この先大変な作業がウンザリするほど待ち構えているって〜のに(- -;」
※(パッケージに環境そのままお引越しと書いてありますが、
あくまでもそれはHDDが2台以上ある環境で出来る事なので、悪しからず・・・・・・。
別の方法で引越し出来るらしいのですが、ここでは詳細は控えさせて頂きます。


大容量のHDDがアウトレット在庫限り!


「HDD(ハードディスクドライブ)交換作業」

では、早速作業に入りましょう。
先ずは買ってきたHDDの箱を開けて中身をみてみましょう^^

↓これです


「じゃじゃ〜ん!!!」(笑)
ピカAの新品です!!←当たり前。。。。(笑)

「何か強そうで◎」
取り扱い説明書を良く読んでおきましょう。。。。
精密機器なので、上の画像の透明のパックは取り付ける直前まで開けないで置いたほうが言いと思います。

「では、始めましょうか?」

最初にパソコンの電源を切ってコードを本体から抜きます。
次にLANケーブルなどの接続ケーブル、USBやマウス、キーボード、
ディスプレイ等のコードを抜き、パソコン本体だけの状態にします。

デスクからパソコン本体を下ろして・・・・・・。

↓こんな感じ☆



ちょっと飛んでますけど、本体から土台?スタンド?を外して、縦にしています。
左側のネジは本体にカバーを固定しているネジで、これを先ず外します。


ネジを外してカバーをスライドさせると、こんな感じにパソコンの中身が出てきます。
カバーは意外と簡単?に外れてくれます(^^;
こうしてまじまじと見てみるとパソコンって凄いですね。。。。

※ご注意 パソコンは精密機器につき、静電気等を嫌います。。
トラブルの原因にもなるらしいので、取り扱いには十分注意して下さい。
因みに作業する前に水道の蛇口に手を触れて放電したので、大丈夫。。。。な筈。。。。


そして、今回不調を訴えているハードディスクはこれです
(ピンボケでごめんなさい(><)


固定金具ごと、本体から切り離すとこうなります。。。
右に置いたのが新しいハードディスクです。
これから、右の新品に交換しま〜す(汗)


後ろからみると、こうなってます。
2個のコネクタで接続されているので、これを外して・・・・・・・・。


↓完全に切り離した状態。
画像は取り付け金具をHDDから外しているところ。


新しいHDDを固定金具に取り付けて・・・・・・。
ハーネスを挿していきます。。


そして、もう一本。。。。。
これで、固定金具への取り付けは完了(^^)v


そして、金具ごと本体に組み付けた状態です。
(上の方でカバーを外した状態と同じです)後は、カバーを取り付けて完了☆
そして、元の場所に戻して電源コードとマウス、キーボードを繋げて・・・・・。
一応。。。。ウイルスなどの対策も何もなく、丸腰状態なので
LANケーブルは挿さずにおきます。


以上で分解組み付け作業は終了で〜す!!

この後は電源を入れてOSをインストールする作業に移りま〜す。。。
ドキドキしますね〜(^^;ちゃんと作動してくれるといいのですが(汗)


「初めての(笑)OSクリーンインストール編」

さてさて・・・・・・・。HDDの交換自体は意外と?すんなり出来たのですが、
問題はここから先です・・・・・。
せっかくニューなHDDにしてもパソコンが動かなければ意味がありません。。。

上に”初めての”クリーンインストールと書いてありますが、ここで少し・・・・・・・。
皆さんも何かソフトを買って来たりすると、
最初にCDなどからパソコンにインストールすると思いますが、
それはウインドウズなどの”OSが起動してる状態”での事が殆どかと思います。

ところが、今回はHDDが新品で
「OSが入っていない」状態なので、
「OSをインストール」しなければなりません。

※「OS(オーエス)とは何ぞや?!」一応補足しておきます(^^;
OSとは「オペレーティングシステム」の略で一般的には
ウインドウズが殆どかと思います、
現在の主流?はウインドウズXPというOSがかなりの
シェアを占めていると思われます。
大きく分けて「ウインドウズ」と「マッキントッシュ」の二つが
世間一般的に使われる”OS”です。
コンピューター関係の開発をする方々は、上の二つとはまた違うOSを使ったりするらしいのですが、ここでは省きます。

では、何故??「初めてのクリーンインストール」なのでしょうか?
私自身には初めての経験です、過去にグレードアップ?
バージョンアップ?どっちだったかな?(笑)
での、インストールは経験した事があるのですが・・・・・・。
ウインドウズMeからウインドウズ2000とか?
ウインドウズ95から98とか?
これらバージョンアップ?は普通のソフトのインストールの様に
OS上で(OSにOSをインストールする?)CDを入れて
指示通りにやっていくインストールです
※ただ、インストールする前に機種毎やOS毎に留意点はあるので、
その点についてはインターネットなどで、事前に調べておく必要があります。


今回は「クリーンインストール」と言って何もない?!(汗)状態にOSをぶち込むので、
少々緊張気味です(笑)

では・・・・・・先ほど組み付けが終わったパソコンの電源を入れます。。。。
ドキドキ(><)。。。。。

最初に出た画面は・・・・・・・・・

↓こんな感じ♪(笑)


真っ黒です(- -;・・・・・・・・・。
英語で何か書いてあります・・・・・何やら「システムディスクを入れてエンターを押せ」
みたいな事言ってます。。。。

そしたら。。。。OSのCDをセットしましょう(^^)
そして、エンターを押すと・・・・・・・・・・。

↓「こういう画面になりました^^」


どのパーティション(ドライブ)にウインドウズをセットアップして(通常はCドライブ)、
どの様にパーティションを区切るか?ここでセットアップします。

因みにウインドウズの場合ですと95と98とMeはこの状態?でしか、
パーティションを区切れません。
2000の場合はOS上でもパーティションの編集(フォーマットなど)は可能です。
XPの場合は・・・・・・・・・使ったことないので分かりません(><)
市販のソフトでOS上からパーティションを編集出来るソフトもありますが、
やってみた事はないです。。。

それで、上の状態のままセットアップしてしまうと80GBのHDD容量の
全てがCドライブになってしまい、
何から何まで同じドライブ上にごちゃ混ぜなので、あまり良いとは言えません・・・・・。
なるべくならCドライブは余裕を持った容量にして、
ウインドウズやプログラムファイルなどしか格納しないで、
他のデータは別のドライブに保存するのが好ましいと思います。
プログラムが入っているドライブがいっぱいいっぱいだと、
パフォーマンスが低下するらしいです。
画像にもあるように「未使用の領域」というところに、
割り当てたい容量を数値で入力して
新しいパーティションの作成をします。

例えば60GBのHDDでしたらC:20GB D:30GB E:10GB =合計60GB
という、事になります。


「パーティション作成編」

では、いってみましょう(^^)HDDの容量が増えた事に気を良くした
単純な担当者は欲をかいてドライブを
4つも作ってしまったおバカさんです(笑)
C、D、E、Gと作成したのですが、最終的にGドライブは8GBしか取れず・・・・・
何の為に容量上げたの?!状態です(笑)でも、これ位にしておけば
仕事内容毎にドライブの棲み分けが出来るので良しとしましょう(^^;
上の画像に「未使用の領域○○MB」とあり
Cキーで新しいドライブを作成するのですが
数値のところにカーソル?が来てるのに数値が打ち込めない(- -#
何故?!分からない(><)

悩みました・・・・・・・・・・・。
結果、何のことはない「バックスペース」で数値を一回消してから入力出来ました(^^;
この作業を繰り返してパーティションを作成していきます。

ここで、パーティションの構成に大いに悩んで(笑)
決定したらOSのインストールに移りましょう。

「↓の様に、ドライブをフォーマットしていきます」


ここから先はパソコンが勝手にやってくれて、時々「再起動しますか?」とかの
ダイアログが出るので、殆ど指示に従って「はいはい」言ってりゃおっけーです(爆)

作業としてはコレで完了です。
OSが立ち上がる状態になったら、以前と同じ環境になるようにパソコンの設定や
各種ソフトのインストール、インターネット(メール)の接続←繋がらないとドライバとか
修正ファイルとか、Webサイトへ何ももらいに行けない(><)
行こうと思えば行けるけど、ウイルスや
変なプログラムに感染したりするのは怖いし。。。その他諸々(ToT)
乗せ変え作業よりこっちのが大変かも?(笑)・・・・・・いや、
むしろこっちのが大変!!(><)
長くなりましたがご報告は以上です(^^)有難う御座いました。。。


・・・・・・・・・・・・が、しかし!!
話はこれで終わっていなかった!!(汗)上のパーティション作成にてこずっていた担当者は。。。。ウインドウズ上でどうあがいても
ドライブが一つしか無いのでどうしようかと悩みあぐねいていた(><)
そこで安易にも?!

「もう一回OSインストールしよう」と考えて。。。
再度インストールを試みた。。。。。無事に行くと思ったら・・・・・・・・・。

な、なんと?!

OSが二つ入ってしまったじゃないですか!!!!(汗)
専門的に言うと「デュアルブート」と言うのですが、
一つのPC上で2つのOSを使おうという状態です、以前の
担当者のパソコンはウインドウズ2000とMeが同居している
ややこしい状態だったのですが、これでは結局HDDを区切らなければならず、
しかもMeの操作で2000のフォルダをいじってしまうと
システムに影響を及ぼしてしまう、危険な状態っだたのですが。。。
(当時はMeしか使っていなかったので2000用の20GBは
あっても使えない状態でした)

話が逸れてしまいましたが・・・・。
「ウインドウズ2000が2つインストールされていて、OS選択画面が出てきてしまい、
うっとうしいし、なんとかならないかなぁ〜??」

そこで、新品のHDDに付いていたHDDのメモリー消去ソフト(怖)を使って
一旦全て消し去りました!!!

付属のCD-ROMからフロッピーディスクにソフトをコピーして
PC起動時にフロッピーから立ち上げて、消去ソフトの起動。。。。

そして、「消去!!!」

これには参りました。。。。。。
約3時間半。。。。ひたすら消去し続けていますから・・・・・。

その間にもう1台のパソコンでバックアップしてあったデータを呼び出して
図面を描いたり。。。。。
消去が終了して、再々度?!OSのインストール☆
今度こそはきちんとパーティションを区切れて、万事おっけー^^v


「その後・・・・・・・・・・」

こんな感じで元気に作動してま〜す(^^)w

ページTOPへ
HOMEHOME加々見園会社案内会社案内加々見園会社地図お店の地図加々見園お見積もり方法お見積もり方法変更履歴変更履歴リンク紹介リンク
※お願い 当HPに掲載されている図面、デザイン、テキスト、イラスト、写真等を無断で複製、送信、放送、配布、貸与、変造することは固くお断りいたします。