静岡県東部地区・三島・エクステリア・造園・設計・施工・植木・苗木・草花・盆栽・販売・貸鉢は加々見園にお任せ下さい。
加々見園
HOMEHOME加々見園会社案内会社案内加々見園会社地図お店の地図加々見園お見積もり方法お見積もり方法変更履歴変更履歴リンク紹介リンク 加々見園へのお問合せお問合せ
  Uさんちのお庭が出来るまで
  カタログ掲載現場の紹介
  お見積もりについて
  加々見園が手がけたお庭(洋)
  加々見園が手がけたお庭(和)
  筍観察絵日記
  今月の加々見園情報
  コンテスト入賞作品のご紹介
  野菜を作る!!(2004)
  パソコントラブル
  HP担当者の小部屋
アイアンクラフト
リンク
 

加々見園
〒411-0022
静岡県三島市川原ヶ谷山田930-1
TEL:055-976-1291
FAX:055-976-1298
 

ロートアイアン・・・・・

それは手作りで行われ鉄を叩き熱しては叩き・・・・・
古びた感じと「鉄」の質感が何とも言えない質感を与え、
より拘った方の行き着く所の一つにアイアンがある。
最近ではアイアン表札が多くのお客様で利用されよくご覧になるかと思います。

自分達でお客様の趣向を聞き希望を取り入れてプランをしていると、
どうせやるならアイアンまでプランし、トータルでのデザインも手がけたい!
と思う事もしばしば
・・・。
でもアイアンは高いので・・・予算的に無理な事も多いですが・・・。

今回自分達がいつも依頼し、電話とFAXでああだ!こうだ!と打ち合わせして
オリジナルのアイアンを作って下さっている所へ行き、こんなすばらしい物はど
うやって出来るのか?
実際にどんな所で作られているか?こちらも製作過程や技術を見ることでより
アイアンを理解しよう!という事で依頼している工房へ約6時間ほどかけて行っ
てみた。正直、車で長時間座ったままで尻が痛かった。

エクステリアとガーデンで使うアイアンはプランする側の意向と作る側が何に使
われどんなものが出来るのか?お互いが理解していないと出来ない・・・・・・・。
それがまたお互いわかっているいるからいい物が作っていただける・・・。
私達はそれを設計し、施工してアイアン職人さんと一つしかないプランをお客様
のエクステリアで実現する事が出来る。
では6時間かけてケツが痛くなった(爆)アイアンの工房を見てみましょう!!



まず目に入ったのはコレ!

ココが暖める中枢!炎はメラメラと燃えていて中の部分は2500℃に達するそうだ!

暑い!と言うか?初めて見てビックリ!

凄い凄すぎる!中に入れてある鉄の棒は溶けないのか心配になったりして・・・・・
鉄・・・・・硬いと言うイメージがアイアンマン(鍛鉄職人)さんの手によって叩かれる!!アンパンマンだったらジャムおじさんと言った所でしょうか(笑)全然関係ないか・・・ジャムおじさんはパン職人だよ(爆)


おおおお〜!!!!
真っ赤に焼けた鉄を叩いてる!!


カンカン音を立てて・・・・・・叩くたびに赤い鉄の外側の部分がクロワッサンの外側のパリパリした部分のように剥がれる!!


凄い!!凄すぎる!!!
千歳飴の柔らかい感じと言えばわかるだろうか・・・・?


叩いて叩いて叩き熱してはまた・・・・
工内の音はリズミカルに・・そして熱する時は静かに・・・。
まるでオーケストラの楽器が演奏を待つかのように・・・。

そしてまた一人が叩き始め・・・次にまた他の人が始まり・・・。

叩く事で成形し、それがラフでありまたそれが良い味として出来上がる・・。すばらしい!!と言うか感動!!







先ほど叩いていた先の細くした部分は木の枝だった!!

ココでいくつもの枝を作り溶接で繋ぎ成形していく事の繰り返し・・・・・。非常に手間の掛かる仕事なのだろうか・・・・・。











溶接し、はみ出てしまった部分はバリを削られ銀色になっています。


葉も付けられ枝らしくなってきたぞ〜



こちらでは・・・・
特注表札の型紙に合わせている。
曲げては合わせ、曲げては合わせの繰り返し・・・・。

微妙な曲げもお客様のイメージや現場の収まりで妥協できない!
かなりシビアです。

細いのでかなり大変そう・・・・。



こちらでは文字の取り付けを行っていた!
先ほどの土台の部分と文字の取り付けだ!
文字の書体やイメージに合わせここでも型紙による文字の配置も正確に行われていた!!!

おまけに字が前後に傾かないように
溶接するのは大変だと思う・・・。

ココでも感動!
一方、最初の炉の近くではヒネリをやっていた!!

ヒネリも手で行っているのにはビックリ!!!
大きい万力に挟みおりゃ!!!とあぶった部分を回していく・・・・凄い!凄すぎる!!!

てっきり機械に挟んでやっていると思った。

少しやらせてもらったが、真っ赤なうちはかなり柔らかい・・・
でも段々冷えて重たくなる・・・・・・。と言うより中心がずれてくる・・・・。
またまた感動!!!

ウチも一式揃えて自分で作るかな????そんな簡単に出来るわきゃない!でも自分で作りたくなるよな・・・・・自分の性格だからしょうがないか・・・・。


工具の数々。
七つ道具と呼ばれる物ですね・・・・。
殆ど一人に1セット位ありました。
やはり自分の使い慣れた物がいいのでよね・・・・。

その辺は自分達と同じです・・・・・。


タマタマ裏の方で発見!!!

アイアン門扉だ!両開きで塗装待ちのようだ・・・。

商品化して新発売するそうです!これは試作で後は細かい部分の修正などを行うそうです。

企業秘密だったかな?

写真撮ってしまったけどいいのかな?

※)既に規格製品化されて販売されているので
大丈夫です(^^;


ココには枕木釘があった!もちろん飾り用です。
塗装待ちのようです。

これから錆びないよう、亜鉛メッキをしてその後、黒系の色を塗装し、ちょっと錆びた感じを出す為には茶色ぽい色を吹きつけ最後にクリヤーを塗り完成となるらしい・・・だけど普通の塗装とは違うらしい・・・・・・。

塗装も手間を掛けて極力錆びが出ないようにしているようだ・・・・。相手はなんせ鉄なので時間が経てば必ず錆びる!
その錆びがまた良いんですよね〜。


この表札はわざと錆びさせ、表面にミツロウを塗った物だそうだ。

錆びがココまで出るとかなり良い感じです。

好きな人にはこういう古さを出した物がいいですね〜。

コケの付いた素焼きの鉢に寄せ植えをし・・・・。ボロボロのレンガで門柱を作り、サビ錆びの表札とかフェンスだとか・・・・。いい感じ・・・。

一応錆びた表札、フェンス、門扉も特注で作ってくれるそうです。


こちらは表札色々。

メッキの物も作ってみたそうです。


ある意味新鮮さがあります。

このページトップへ アイアンを使った施工現場Part2−3
アイアンを使った施工現場Part1 アイアンを使った施工現場Part2−4
アイアンを使った施工現場Part2 アイアンを使った施工現場Part3
アイアンを使った施工現場Part2−2 アイアンを使った施工現場Part3−2
HOMEHOME加々見園会社案内会社案内加々見園会社地図お店の地図加々見園お見積もり方法お見積もり方法変更履歴変更履歴リンク紹介リンク
※お願い 当HPに掲載されている図面、デザイン、テキスト、イラスト、写真等を無断で複製、送信、放送、配布、貸与、変造することは固くお断りいたします。