Home

筍の観察方法

ではまず、観察を始めるにあたり、被験体を見つけましょう!
出来れば、ほどほどの大きさで、邪魔にならないところに生えてて・・・・
あまり関係ないけど美味そうな奴!(笑)

お!?いたいた!お誂え向きな奴が!!
竹は孟宗竹です。



そんな訳で(どんな訳だよ?笑)
この個体に決定!!

さ〜て、これから毎日君の身長を計らせてもらうよ!

と、まぁ。。。。うんもすんも無く決め付けられた
筍君。。。。。。

心なしか、嫌そうに見えるのは
俺だけ・・・・・・・・だよな?



次に・・・・・・・・
落ち葉いっぱいの試験場?!をお掃除しておきます。



何か凄い事になってない?!(笑)筍計る為だけにここまでしなくても(笑)

画像にある様に、工事で型枠などを作る材料で支柱?を組んで・・・
そこに測量用の「スタッフ」と呼ばれる物差し(黄色い棒)を取り付けて、
その左には温度計まで!!


これが計測場所の全景です。
何やら大掛かりですな〜(笑)

真中にある棒状のものが先述の「スタッフ」です、その根元に
筍が生えています。
※←のスタッフは画像の状態で目一杯伸ばしてあり、5mの物です。

観察方法

観察日記 07’

観察日記 06’

観察日記 05’

観察日記 04’

観察日記 03’



このページのトップへ

※お願い 当HPに掲載されている図面、デザイン、テキスト、イラスト、写真等を無断で複製、送信、放送、
配布、貸与、変造することは固くお断りいたします。