Home

工事編2

次は壁の工程

1配筋 

2型枠

3コンクリート

4ブロック、レンガ積

5下地塗り 

6プライマー塗布

7壁下地塗り

8壁仕上げ塗り

9トップコート塗布

10笠レンガ保護剤塗布

ざっと壁だけでも10工程!
1〜3 塗り壁のベースとなる基礎とブロック積み!1〜3です。
工事前に雨が降った為、作っておいた鉄筋を組み、枠を入れます。

な〜んて簡単に書くけど結構精度が要求される作業なんですよ!

下が画像です。図面に従って鉄筋を配置して、下地の打ち上がり高さで型枠を組んでおきます。







図面通りに配置して生コンを流し込みます。




打ち上がりました。

4 次はブロックこれも雨の時に会社の倉庫でRの壁用に加工しておいたブロックを積んでいきます。
周りにレンガも一緒に積んでいきます。





さ〜、段々積みあがって、形が見てきました!
あともう一息。笠を乗せれば完成。


5 次は塗り壁の下地これが今回の工事で一番難しいかな〜?
ブロックの角が出ている(カクカクしている)のでそれを今度は綺麗なRに均します。
これがかなり難しい・・・・・。

ポストの付く部分は特にキツイ曲線なので、非常〜に難しい〜!



大分良くなったかな?

6 乾いた所で次にプライマー(下地の付きを良くする物)を塗り、又よーく乾かす。



分かりづらいですけど、バケツに入っている白い液体が「プライマー」です。
これを塗布してよく乾かして、塗り物の付きを良くします。


そしてここでひと段落、これをよ〜く乾かしていよいよ、塗り壁を塗り始めます!!

続く・・・・・・・
工事編3へ続く・・・・・

このページのトップへ

※お願い 当HPに掲載されている図面、デザイン、テキスト、イラスト、写真等を無断で複製、送信、放送、
配布、貸与、変造することは固くお断りいたします。