Home

工事編3

工程としてはブロック積みの下地に、一度下塗りを施して、曲面出しをした後
「プライマー」と呼ばれる塗りモノをしっかり付着させる為の液体を塗って
それをキチンと乾燥させて、下の作業に入ります。

留意点として、「下地がしっかり乾燥していて、汚れていたりバリなどがない事」を確かめておきます。
それと、埋め込んだポストなど、
塗り物を着けてはいけない箇所のマスキングもこの段階で併せて行っておきます。 

Uさんちで使用した材料は2回塗りするもので、一度薄く下図の様に白く塗ります
(これによって、下地のブロックやモルタルの色が仕上がりに出ない様にするため)


7 次は壁の下地(一回目)。生クリームみたいな物を薄く塗っていきます。
だいぶ図面のイメージに近くなってきた!

そして・・・・・・・・・・・・・・!

8 又よーく乾かし、(またなの〜?!この工程の多さが塗り壁のネックなんですね〜)
仕上げ材(二回目)を上に塗っていきます。

塗っていきます・・・・・・・・・・・・つったって!職人さんは大変!
なんせ、デジカメで撮るのを忘れかけるほどイッパイイッパイなんですから(笑)

・・・・・・・・・・そうなんですよ、さっさと、且つカッチョよく仕上げないと・・・・・
相手は左官材料・・・・・硬化してしまうと使えなくなるし、やり直しにもなりかねない!

(と、言うわけでこの工程は画像が少なくてごめんなさい!)

うおお〜!凄いじゃん?!俺達って(笑)・・・・・・・・・冗談はともかくとして(笑)工程も多くて、
腰を痛くしながらの作業だけに、出来上がった時の喜びも大きい!(^^)

色も一色ではなくて二色のグラデーションとRの曲面が柔らかいイメージを出しています。
数箇所設けた小窓がまたニクイ!


↓・・・・・・家側から見るとこんな感じ。・・・・・・・
それにしてもキツイR・・・・(^^;よくこれでポストが収まったな〜



ずう〜っと、しゃがんだり中腰で作業してるもんだから、もうこの頃になると腰が痛い〜!
でも、塗り壁出来上がったから良しとしましょう!(^^)v

いい!いい!(^^)v イイ感じになってきた!!

短いですけど、今回はここまでで・・・・・・ごめんなさい(^^;

お次は?何やるんすか?
 
「ポーチの階段部分の縁と車庫の見切りレンガです」
・・・・・・・・だそうです(^^;

お楽しみに。

工事編4へ続く・・・・・

このページのトップへ

※お願い 当HPに掲載されている図面、デザイン、テキスト、イラスト、写真等を無断で複製、送信、放送、
配布、貸与、変造することは固くお断りいたします。