静岡県東部地区・三島・エクステリア・造園・設計・施工・植木・苗木・草花・盆栽・販売・貸鉢は加々見園にお任せ下さい。
加々見園
HOMEHOME加々見園会社案内会社案内加々見園会社地図お店の地図加々見園お見積もり方法お見積もり方法変更履歴変更履歴リンク紹介リンク 加々見園へのお問合せお問合せ
  Uさんちのお庭が出来るまで
  カタログ掲載現場の紹介
  お見積もりについて
  加々見園が手がけたお庭(洋)
  加々見園が手がけたお庭(和)
  筍観察絵日記
  今月の加々見園情報
  コンテスト入賞作品のご紹介
  野菜を作る!!(2004)
  パソコントラブル
  HP担当者の小部屋
アイアンクラフト
リンク
 

加々見園
〒411-0022
静岡県三島市川原ヶ谷山田930-1
TEL:055-976-1291
FAX:055-976-1298
 
肥料のお話・・・・

肥料にも色々ありまして・・・ まず期間

即効性・・・・・直ぐ効きはじめる分、持続効果も少ない。
緩効性・・・・・徐々に効くから長い期間効果有り。

即効性は液体肥料などがそうで、水で薄めて与えてあげます。
緩効性は粒状や顆粒状で蒔いてから段々成分が溶け出し
時間をかけて浸透していきます。


成分

代表的な成分としまして窒素、リン酸、カリ(カリウム)が肥料の
三大要素として挙げられ各成分には
人間の体に必要な栄養素と同じような役割を果たします。

窒素・・・・・葉や茎に効く(葉の色や茎の太さは窒素により左右されます)
リン酸・・・・・花や実の大きさ、実の成りもリン酸のお陰です。
カリウム・・・・・根に効く成分で根の成長とたい対病性がよくなると言われています。

他にも人間で言えばサプリメント的に必要な微量要素と言うのがあります。

Ca(カルシウム)、Mg(マグネシウム)、S(イオウ)、B(ホウ素)
Mn(マンガン)、Cl(塩素)、Mo(モリブデン)、Fe(鉄)、Cu(銅)、Zn(亜鉛)
これらは高校生の時無理やり覚えさせられましたっけ(汗)

詳しく知りたい方は各個人で調べてみてください・・・

苗選びの時に曲がった細い色の悪い茎の細い苗を選ぶと書いてありました。
と言う事は?

実が木に成るものは窒素の少ない苗を選ぶと言う事になります。
逆に葉物ほうれん草などは窒素分が多いと良い色の物が出来る訳です。
窒素が多すぎますと葉と茎は立派に育ちこの木に実が成らない訳が無い!!
と言うくらいすばらしい木が出来ます・・・・。

ですが木ばかりが育ち花付きが悪く花芽を持たず
実が成らないと言う事になります。

「実」は花が咲いた後に成ります。
花が多く咲かなければ実は多く付きません。
木を大きく育てる事より、花や実をいかに多く付けさせるかが
野菜作りで成功するか?しないか?の差になって結果として出てきます。

苗を植える時期を十分暖かくなってから植え、
木が程々に育ち始めた時に花芽を付け、
木の生長と共に花と木と実がバランスよく順調に育って行く事が
長期間に渡り収穫できる訳です。
ですから成長に合わせたバランスのいい追肥が必要になるのです。

人間と同じでバランスのいい食事ですね〜

葉物と実物は尾根を分けて作るなどして作物に与える肥料を分けてみましょう!

簡単にまとめますと・・・・。
葉物(ほうれん草、チンゲン菜など)は窒素系・・・・・・堆肥
実物(ピーマン、ナスなど)はリン系・・・・・化成肥料
中でも甘味が必要なトマト、スイカなどは油粕や骨粉などの入った配合肥料を与えます。
スイカ配合などと名前が入った肥料も有ります。

どの野菜も基本は窒素、リン酸、カリウムが基準ですので、それに+α程度で
加えるようにして下さい。
肥料もやりすぎると根が肥料焼け起こしますので程々に・・・・・。

肥料も難しく考えると訳がわからなくなるので、
あまり気を使わず育てみるといいです!じゃあ色々説明するなよ〜って?
そこで育ってみて葉の色や花の付き具合から追肥する肥料を決めて変化をみるとまた面白いのです!

特に観察力は野菜作りには重要ですよ〜!
今度は病気や害虫に立ち向かわなくてはいけません!
葉の裏表の観察力次第です!


戻る
ページTOPへ
HOMEHOME加々見園会社案内会社案内加々見園会社地図お店の地図加々見園お見積もり方法お見積もり方法変更履歴変更履歴リンク紹介リンク
※お願い 当HPに掲載されている図面、デザイン、テキスト、イラスト、写真等を無断で複製、送信、放送、配布、貸与、変造することは固くお断りいたします。